symbol

〜 押し戻りは4点ダウがついてから。 天井は抜けてから。 底は割れてから。
〜 未来を予知できても、待てないで呑みに行ってしまう。
〜 私が儲かるメモです。投資の参考になると言う人はマイノリティです。
〜 なによりまず、わかりにくい。なぞかけみたい。壁を作りたがっているような文章だ。(c)だいとうりょう

AudUsd オージードル・豪ドル 〜予知と余地

私に余地が残っていれば、みなさんのお役にも立つかもしれない。
そもそもは
しっかりメモをとる訓練ブログですが、過去を並べるだけではチャレンジに欠ける。
少し未来までフォーカスする意識を持てば、長生きのきっかけにもなるだろう。
さて
本日の豪ドル4時間足。

  1. 下降フラグが完成しました。4点目からの上昇なので上抜けを確認したら考える。
  2. 直近の高値は赤い破線(日足のレジスタンス)に阻まれた。
  3. 押し目を作る波としては不十分?(長い上昇トレンドラインを割り込んでいる)

現状のフラグというかチャネル群の中で折り返すか、抜け出すかで仕掛けます。
上方の余地は先週高値あたりまでギクシャクジグザグな気がします。


チャートはこちら。


個人的に、
「仕掛ける」のは「未来を見る」よりはるかに厄介。
第一に面倒だし。第二には損するから。