symbol

〜 押し戻りは4点ダウがついてから。 天井は抜けてから。 底は割れてから。
〜 未来を予知できても、待てないで呑みに行ってしまう。
〜 マイノリティが損するメモです。参考になったらご愁傷様。
〜 わかりにくい。なぞかけみたい。壁を作りたがっているような文章だ。(c)だいとうりょう

レンジとトレンドを「区別」する見地(レンジこそチャンスなのに)

いわゆるその、流れ派?ていうか流れ組?みたいな人たちは流れてるから区別しないというか、すくなくとも断絶してない(連続してる)ものと考えるのではあるまいか。


レンジは花咲く種と知れ。根が張るか枝が茂るか、樹影が拡大するほどに交互の流れを繰り返す。世界樹ラピュタ。


天地を抜けたら押すか戻るか考える。
波のサイズが小さくなっていくとき(親波にはらまれっぱなし)も、ぐんぐん行くときも、それぞれのサイズ感(アパレル用語的に間違い)に合わせて振る舞う思考する。


「あ〜あレンジだっちゃ」「レンジべそ」「レンジだほー」
となったら本腰入れる。休憩時間じゃないんだよ。
そのレンジが置かれた環境、内発的な将来性、エトセトラについていかんば。